ホーム  >  6.不動産にかかるコスト

6.不動産にかかるコスト

不動産投資には物件の購入費用とは別に、諸経費がかかります。
購入時には中古マンションで6~10%程度、
新築マンションで3~5%程度の諸経費がかかります。
また、ランニングコストとして10~20%程度はみておいたほうがいいでしょう。

購入時のコスト
登録免許税=移転登記にかかる税金
印紙税=売買契約書に貼る印紙代
不動産取得税=評価額×3%
登記手数料=登記手続きを代行する司法書士への支払い
仲介手数料=売買代金×3%+6万円
消費税=販売価格に含まれているのが一般的です。建物代金のみ5%
ローン事務手数料=金融機関の手数料
ローン保証料=保証協会や保証会社に支払います。
団体信用生命保険料=借入者が万一の時、残高が保険で補填される。
火災(地震)保険料=火災(地震)に備えて加入します。
固定資産税精算金=購入時を基準に日割り計算するのが一般的。

ランニングコスト
借入元金・利息=ローンの設定に応じた額を支払います。
管理(業務委託)費=管理会社に支払います。
修繕費=占有部分の修理費やリフォーム費用
修繕積立金=大規模な修繕に備えて管理組合へ
火災(地震)保険料=更新料を支払います
固定資産税=市区町村に固定資産税・都市計画税

ページトップへ